2011/07/04

ポーランド民族衣装名鑑 1

ウォビッツの聖体祭を堪能し、その後に向かったのはウォビッツから南に下ったヴィスワ側沿いの「ポーランドで最も美しい町」とも言われるKazimierz Dolny (カジミエシュドルネ)毎年この小さな古都では6月の20日前後の週末3日間にフォークロアフェスティバルが開かれます(民芸市は土曜日や日曜日のみということもあるので、ご注意ください)。カジミエシュドルネの民芸市は、ポーランド国内でも規模の大きい物なので、一年に一度ポーランド各地から来る民芸家さんと会う機会でもあります。

民芸市の他に、中央の舞台ではフォークロダンス、ソングコンクールも開かれています。ポーランド各地や周辺国から集まったグループが、民族衣装を来て参加しているので、民族衣装ファンにとっては絶好のスナップチャンスです笑。

という、ことで私がカジミエシュドルネに滞在していた4時間の間に取材しながら撮ってきた民族衣装に身を包むポーランド各地の人たち。同じポーランドでも、全く違う民族衣装が面白いですよ。



ポーランド湖水地方として有名な<マズーレ>地方。女の子たちがかぶっているのは、夏至祭に少女たちがかぶる花の冠。爽やかなブルーの衣装が湖水地方にぴったりです。










 Kurpie puszcza zielony(クルピエ・緑の森地方)の衣装。ウォビッツ同様民族色が濃いこの地域では、未だ結婚式の際などもこの民族衣装をきて行うことがしばしばあります。女性がかぶる帽子と、手編みのレースエプロンが特徴的。









ルベルスキ地方の民族衣装を着るのはルブリンからそばのクラシニクという町から来た女の子たち。細かい刺繍がほどこされたベストと、ビーズ刺繍がされたスカートとセットになったエプロン部分が特徴的。カラフルでとてもかわいい。




因みにルベルスキ地方の男性の衣装は、こんな感じ。刺繍が入ったジャケットとベルト、女性とおそろいのシャツを来ている。





こちらはお馴染み、ウォビッツの民族衣装。緑をベースに様々な色が使われた縞のスカートに特徴的な花の刺繍、同じく大きな赤いバラの刺繍がほどこされた女性らしいふんわりとした袖のブラウス。ウォビッツの衣装はポーランドでは一番有名な民族衣装かもしれません。










村の名前を書いたプラカードを持って舞台に向かう途中に、声をかけたら全員集合して写真を撮らせてくれたOrzechowiacy(オジェホヴィエッツ衆)の面々。ポーランドとウクライナの間にあるカルパチア山脈の側の村(Orzechowiec)から参戦のようです。ビーズ刺繍がほどこされたベストが素敵。プラカードのおじさん、昔日本大使館で働いていたことがあるようで、すごく優しかったです笑。







ポーランド民族衣装名鑑。写真、まだまだあるので<2>に続きます。お楽しみにー。

ブログランキング参加中
~クリックお願いします~

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ








12 件のコメント:

  1. 学校の調べ物学習でポーランドの事を
    調べることになり、とても役に立ちました!

    返信削除
  2. 匿名さん
    コメントおそくなりすみません。
    ポーランドのことってまだ日本では知られていないことが多いので、このブログでもお役に立てることがあればとっても嬉しいです。

    返信削除
  3. 自由研究でポーランドの民族衣装を調べるので使わせていただいてもいいですか?

    返信削除
  4. 匿名さん
    どうぞ。自由研究の参考にしてください。ポーランドの民族衣装については、足立和子さんの「ポーランド民族衣装」という本もとても参考になりますよ。

    返信削除
  5. ポーランドの民族衣装ってとってもかわいいですよね!あのビスクピンの民族衣装ってどこか見れるサイト知ってますか?

    返信削除
  6. 初めまして、ビョークと申します。世界各国の民族人形を持っています。ポーランドの民族人形も持っていて、クラクフで作られたものなんですが、ここにあるクルピエの民族衣装にそっくりなんです。ポーランドの民族衣装というと、派手で華麗なイメージがありましたが、地域によって様々なんですね。また、お邪魔したいと思います。

    返信削除
  7. ビョーク様

    コメントありがとうございます。返信がおそくなりすみませんでした。もしかしたら、お持ちのお人形はクルピエの民族衣装を着たものなのかもしれませんね。クルピエの衣装は、白いレースのエプロンと背の高い帽子が特徴的です。ポーランドは他の国に比べても、本当に民族衣装の種類が豊富で、それだけ、都市の文化ではなく、各村々の土地の文化が発展していたんだなぁと思えます。このブログに載っていない、民族衣装もたくさんあるので、機会があればまたご紹介したいと思っています。

    返信削除
  8. お久しぶりです、ビョークです。やはり、人形はクルピエのものでした。最近、また、ポーランドの人形を買ったのですが、ドイツの黒い森地方のボレン帽子のようなものを被っています。ポーランドのどこの地域のものか分からないので、もしご存知でしたら、教えていただけないでしょうか。

    返信削除
  9. ビョーク様

    やはりお人形はクルピエのものでしたか。クルピエ地方は、ウォビチ地方の次くらいにポーランド国内でもフォークロアが盛んな土地で、一般市民も民族衣装を持っている人が多いですし、結婚式なども民族衣装をきて行われることもまだよくあるようです。
    ボレン帽子のような帽子をかぶったお人形ですが、男の子のお人形ですか?女の子のものですか?見てみないとわからないのですが、もしよろしければ、infoアットマークslow-art.pl(アットマークを@にかえてください)に写真を送ってみてください。わかればお教えできるかもしれません。私も見てみたいです。

    返信削除
  10. 最近、ポーランド製のシレジア地方のポーランド人形を手に入れました。すごく、豪華で可愛いです。私が今まで買った民族人形の中でも、群を抜いています。言葉では上手く表現出来ませんが、お気に入りの一つになりました。

    返信削除
  11. ポーランドの民族衣装を調べていて辿りつきました。ブログを拝見してkazimierz dolnのフォークロアフェスティバルに私も行ってみたいのですが、ネットで情報がつかめずコメントしてしまいました。
    もし2015年の開催日をご存知でしたら教えていただけないでしょうか。。(>_<)
    あと女性1人でも大丈夫か気になります。。
    よろしくお願いいたします。

    返信削除
  12. お久しぶりです。ビョークです。だいぶ前にポーランドの人形をまた手に入れたのですが、何処の地方のものか分からず、困っています。特徴としては、緑のベストに白いブラウス。ブラウスの手首と襟周りに赤い模様があります。エプロンも白で裾がギザギザになっています。そこに赤い花が描いてあります。最大の特徴は、肩からリボンが三つ垂れ下がっていることです。(後ろにも二つ垂れ下がっています。)もし、ご存知でしたら教えてください。お忙しい中すみませんが、よろしくお願いします。

    返信削除